2020年 5月 30日 (土)

国税庁「1000人新人研修」に中止求める声 会場の和光市長も懸念するが...「細心の注意払って」続行へ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   国税庁の新任職員約1000人を対象に埼玉県和光市内で始まった税務研修について、新型コロナウイルス感染を心配する声がツイッターなどで上がっている。

   松本武洋和光市長も、国は責任が取れるのかとただしたことをツイッターで明かした。国税庁は、「厚労省の指導を受けた」と説明し、中止や延期をする予定はないとしている。

  • 和光市長も国の責任をただしたとツイートで報告
    和光市長も国の責任をただしたとツイートで報告
  • 和光市長も国の責任をただしたとツイートで報告

研修生名乗り「助けて」ツイートも

   「国の研修機関への要望について」。和光市の公式ツイッターは2020年4月2日、こんなタイトルで「感染拡大防止対策を講じるよう強く要望しました」と明かした。多くの研修生が入校する市内の税務大学校に対し、不要不急の外出の禁止や公式サイトでの情報発信などを求めたものだ。

   大学校は9割の研修生が寮に入ることになっており、大卒を対象にした国税専門官基礎研修が3か月間続き、毎日のように教室で講義が行われる。

   市のツイートに反応し、大学校の研修生だとするユーザーが同日、研修を中止にしてほしいとツイッターで訴えた。研修は、不要不急だとして、国が内部の事情から研修を強行していると批判した。

   続くツイートでは、研修は感染拡大を促進することにつながるとして、助けてほしいと直接的な呼びかけで投稿の拡散を求めた。ユーザーは、肺炎で入院したことがあり、死にたくないと怯える毎日だという。

   この投稿は、大きな反響を呼び、1万件以上もリツイートされている。

   ユーザーへの共感は多く、「人の命を優先するなら時期を遅らせるべきでは」「中止にしてください」「オンラインでできることじゃないですか」といった声が出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中