2020年 5月 30日 (土)

【追記あり】パチンコ大手各社、相次ぎ営業休止 緊急事態宣言に対応

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2020年4月7日に発令される緊急事態宣言を受けて、パチンコ各社が営業休止を決めた。

  • 各企業のお知らせ
    各企業のお知らせ
  • 各企業のお知らせ

ダイナム、アンダーツリーが宣言前に発表

   405店舗を展開する「ダイナム」は6日、緊急事態宣言の対象区域となる7都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)の全55店舗を、7日から営業休止すると発表した。再開日は未定。

   約150店舗を展開する「アンダーツリー」も7日、未出店の福岡を除く6都府県の全115店舗を、8日から休止すると発表した。再開日は未定。

   317店舗を展開する「マルハン」は7日、J-CASTニュースの取材に「都から正式な発表が出るタイミングで(営業継続の可否について)リリースを出す予定」と答える。一部報道によれば、東京都は緊急事態宣言が出された場合の方針案をまとめ、パチンコ店など娯楽施設に休業要請を出す構えだ。

   パチンコホールでつくる全日本遊技事業協同組合連合会は「現時点でお話しできる内容はない」と7日の取材に答えた。

   7日16時30分追記
マルハンは7日、7都府県の全101店舗を8日から営業休止すると発表した。再開日は未定。 そのほか、日拓グループ、夢コーポレーション、ピーアークホールディングスでも一部店舗の休止を発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中