2020年 6月 1日 (月)

阪神3選手退院 OB不安視「藤浪が孤立しなければいいですが...」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球の阪神は2020年4月8日、新型コロナウイルスに感染して入院していた長坂拳弥捕手(25)が同日に退院したことを発表した。ウイルスに感染した藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)はすでに退院しており、これで入院していた3選手全員が退院した。チームの活動再開に関しては今後の状況を見極めながら検討していく。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

食事会参加の正確な人数はいまだ...

   ウイルスに感染した3選手が入院したのは3月27日。伊藤は4月5日に、藤浪は7日に退院した。伊藤が8日に退院したことで、3選手全員が退院となったが、これで全てが解決したわけではない。現役選手がウイルスに感染した事実は、プロ野球選手としての自覚、球団の危機管理などの「欠如」が浮き彫りになった。

   今回のコロナ問題に関して、ウイルスの感染が広がるなか、選手の不要不急の外出を止められなかった球団の甘さは指摘されても仕方ないだろう。加えて、感染源と疑われている3選手が参加した3月14日の食事会の詳細はいまだ明らかにされておらず、食事会に参加した正確な人数さえ発表されていない。

   食事会を巡る球団の対応に虎党の不信感は募るばかりだ。さらに食事会に参加し、ウイルス感染の症状が見られない4選手についても情報が遮断されており、他球団の不安をあおる形となった。今回の問題に関して、球団、監督、3選手はそれぞれ謝罪の意を表しているものの、一部選手の軽率ともとれる行動が球界に与えた影響は計り知れない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中