2020年 11月 26日 (木)

テドロス氏発言に台湾憤慨 3か月前から攻撃?→「選挙で忙しかった時期じゃん」 「また知らぬ間に独立してしまった」と皮肉も

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長が2020年4月8日、台湾から人種差別的な人身攻撃を受けたとし、記者会見にて長々と批判を展開する一幕があった。

   台湾のネットユーザーからは「頭が追い付かない」「なんで?」と困惑の声が多数寄せられている。

  • 蔡氏のフェイスブックに公開された「抗議」声明
    蔡氏のフェイスブックに公開された「抗議」声明
  • 蔡氏のフェイスブックに公開された「抗議」声明

蔡総統「いつか台湾の土地を踏むことが出来たなら...」

   テドロス事務局長はスイス・ジュネーブで行われた記者会見にて自身に対する侮辱の言葉がインターネット上に広まっており、「この攻撃は3か月前に台湾から来た」「台湾は人種差別を行っている」と名指しで批判した。

   この発言に対し、台湾の蔡英文総統は自身のフェイスブックで9日、「台湾が国際社会上で人種差別を行っていると批判された件について、私はここで強く抗議致します。皆さん、真実を世界各国の友人に伝えてください。同時に、ネット上で各国の言葉にこの文章を翻訳してくださることを歓迎します。共に台湾が置かれる立場を発信しましょう」と前置きし、

「台湾はどのような形であろうが差別に反対している国です。何故なら、私たちは長期にわたり国際社会から排除されており、差別されること、及び孤独である辛さを誰よりも知っているからです。WHOのテドロス事務局長が中国の圧力に屈さず、いつか台湾の土地を踏むことが出来たなら現在私たちが行っている防疫対策が如何なる努力の上に成り立っているものか、そして長らく不公平な待遇を受けていたのが台湾国民であることがわかるはずです」

と声明を発表。台湾外交部(外務省)も9日、WHO側に謝罪を要求している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中