2020年 10月 20日 (火)

指原莉乃から、この1年で「卒業」できたのか チルドレンの思いと自覚【HKT48・1万7000字インタビュー(3)】

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   HKT48の新曲「3−2(さんひくに)」(2020年4月22日発売)は、指原莉乃さん(27)が卒業してから初めてリリースされる楽曲だ。

   圧倒的な知名度を誇り、グループの顔として活躍してきた指原さんは19年4月に卒業。指原さんの薫陶を受け「指原チルドレン」と呼ばれることもあるHKT48のメンバーだが、19年夏から秋にかけて九州7県で行ったコンサートツアーのサブタイトルには「あの支配人からの、卒業。」を掲げた。この1年で指原さんから「卒業」できたのか。インタビューの第3回では、この1年の活動をふり返ってもらいながら、指原さんへの思いを聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • 2019年に卒業した指原莉乃さんへの思いを語ってもらった。左から村重杏奈さん、松岡はなさん、運上弘菜さん、田中美久さん、田島芽瑠さん、渡部愛加里さん (c)Mercury
    2019年に卒業した指原莉乃さんへの思いを語ってもらった。左から村重杏奈さん、松岡はなさん、運上弘菜さん、田中美久さん、田島芽瑠さん、渡部愛加里さん (c)Mercury
  • 2019年に卒業した指原莉乃さんへの思いを語ってもらった。左から村重杏奈さん、松岡はなさん、運上弘菜さん、田中美久さん、田島芽瑠さん、渡部愛加里さん (c)Mercury

無観客公演「本当に大丈夫だったかな?」という気持ちになりながら...

―― 新型コロナウイルスの影響で、握手会や劇場公演の延期や中止が続いています。このインタビューも、東京都内のレコード会社と、皆さんがいる福岡市内の所属事務所オフィスをビデオ会議で結んで行っています。さて、メンバーの上野遥さん(20)の発案で2月27~29日にかけてレッスン場から「公演」を中継したのに続いて、3月25~31日にかけて6回にわたって劇場から無観客、配信限定での公演が行われました。特に劇場での公演では、メンバーからは「緊張している」という声が相次ぎました。普段の公演とはどう違ったか、改めて印象を聞かせてください。

村重: やっぱりMC(公演やコンサートでのトーク部分)だったりとか、ファンの方からのリアクションがないと、すごく不安になるといいますか...。「本当に大丈夫だったかな?」という気持ちになりながら、でもやっぱり、そういうのが伝わってしまうとだめなので、とにかくみんなで楽しみながら公演をしました。いかにファンの方の存在が大きいか、すごく分かりました。
松岡: ずーっとカメラが前にいるので、歌番組を長時間撮られているみたいな感覚でした。いつも以上に緊張しちゃって、笑顔もこわばったりしちゃったんですけど...。でも、それももっとファンの方に伝わったらいいと思ってやったら、すごく楽しかったです。本当に不思議な感覚でした。
渡部: 普段の公演の配信だとないようなカメラやアングルがたくさんあって、「どこ見たらいいんだろう」と沢山戸惑うこともありましたが、すごく新しい試みでめちゃめちゃ楽しめて、HKT48の公演の良さが引き出せたのではないかと思いました。

―― 新しい試みとして、ツイッターのハッシュタグで質問を募集してMC中に答える、ということをしていましたね。何か面白い質問はありましたか。

運上: 1期生さんが、研究生の公演で「1期生のなかで、推しメンにするなら誰ですか?」と書き込んだりとか...。そういうコミュニケーションは、ファンの方も見ていて楽しかったと思います。

―― 下野由貴さん(22)ですね...!通常の公演はDMM.comで有料配信されていますが、今回はユーチューブとLINE LIVEでも、本編終了まで無料配信されました。ユーチューブのコメント欄を見ると、今回の無料配信で初めてHKT48の劇場公演を見た人もいそうです。

田島: ユーチューブやLINE LIVEは、比較的若い利用者が多いツールだと思います。今までDMM配信しかなかったので、今回の配信を通じて今まで以上に身近に感じていただけて、いつかまた劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中