2020年 10月 29日 (木)

コロナ収束すれば「怒濤の世界戦ラッシュ」 今後予定されるボクシング興行に迫る

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界中のボクシング興行が延期、中止に追いやられている。2020年3月下旬から5月末までに予定されていたほとんどの国内、地域、世界タイトル戦が消滅した。日本のみならず世界的にボクシング興行の再開のメドが立っておらず、暗いニュースが続くなか、ウイルスの感染拡大の収束を願いつつ延期された世界戦、今後開催されるであろう世界戦に迫ってみた。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

「カシメロは素晴らしい体形を保っている」

   今年の上半期のボクシングカレンダーで最も注目されていたのは、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の王座統一戦だろう。WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との王座統一戦は4月25日に米ネバダ州ラスベガスで予定されていたが、試合を管轄するネバダ州のアスレチックコミッションの要請により試合は延期となった。

   井上は渡米前に試合の延期が決定したため、現在は国内に滞在してコンディション作りに励んでいる。一方のカシメロは、地元紙「フィルスター」によると、最終調整地だった米ラスベガスに現在もチームスタッフとともに滞在しており、現地でトレーニングを積んでいる。プロモーターのショーン・ギボンズ氏は「カシメロは素晴らしい体形を保っている」と話しており、いつ試合が決まってもいいよう調整を続けている。

   日本人の世界王者では、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(26)=ワタナベ=の3度目の防衛戦が中止となった。当初、5月9日に大阪府堺市で同級2位アンディカ・ゴールデンボーイ(インドネシア)と対戦を予定していた。京口の場合は、試合が延期ではなく中止のため次戦は未定。京口はWBC同級王者・寺地拳四朗(28)=BMB=との王座統一戦を望んでおり、年内の実現を目指している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中