2020年 10月 23日 (金)

コロナ陰謀論にハマるボクシング世界王者たち 関係者「話にならない。しっかり釘を刺すべき」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   ボクシングのWBO世界ウエルター級王者テレンス・クロフォード(32)=米国=の新型コロナウイルスに関する発言が大きな波紋を広げている。 クロフォードはスポーツ・イラストレイテッド誌の記者とのインタビューのなかで「新型コロナウイルスのパンデミックは(政府とメディアの)陰謀」と主張。この発言が米国メディアをはじめとし、ボクシングの専門メディアでも取り上げられ、注目を集めている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

クロフォード一家は自宅待機命令も無視...

   クロフォードが唱える「陰謀説」の矛先は、政府とメディアに向けられている。クロフォードは「彼ら(政府とメディア)は恐怖を与えて俺たちを支配しようとしている。個人的には彼らが言っていることの全てに同意できない。メディアが世界を支配している」と持論を展開。さらに自身と子供たちが自宅待機命令を無視して、いつもと変わらぬ生活を送っていることを明かしている。

   クロフォードはライト級、スーパーライト級、ウエルター級の世界3階級制覇を成し遂げ、36勝(27KO)無敗を誇る。現在、米国内で最強といわれ、米国で最も権威のある専門誌「リングマガジン」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングでは、井上尚弥(大橋)に次ぐ4位につけている。影響力の強いスーパー王者の発言は、ボクシング界のみならず全米で波紋を広げている。

   ボクシング界では、元WBA、IBF世界スーパーライト級王者アミール・カーン(英国)による新型コロナウイルス関連の発言が物議をかもした。専門メディア「ボクシングシーン」によると、カーンは新型コロナウイルスの発信源について「私はそれが中国から来ているとは思わない。それは嘘だ」と主張し、「建設中の5Gタワーに関係あると思わないか?」と発言し、英国内では「常軌を逸した主張」と批判されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中