2020年 11月 29日 (日)

「ミュージシャンの政治的な発言は聞きたくない」は「現実が見えてなさすぎ」 ネット論争に反響広がる

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「ミュージシャンの政治的な発言は聞きたくない」ーー。

   新型コロナウイルス感染拡大の影響が広がる中、こうした声が自身のツイッターに寄せられたシンガーソングライターの七尾旅人(ななおたびと)さんは「現実が見えてなさすぎ」と持論を示した。

  • 人気アーティストが「政治的発言」批判に持論(画像はイメージ)
    人気アーティストが「政治的発言」批判に持論(画像はイメージ)
  • 人気アーティストが「政治的発言」批判に持論(画像はイメージ)

地元のライブハウス「無くなってしまっていいのか?」

   七尾さんは1998年にデビュー。独特なメロディセンスと透明感のある歌声が特徴で、音楽ファンから根強い人気を得ている。参加アーティストの楽曲を買うと、その購入額が新型コロナウイルスの影響で困窮するライブハウスへ寄付されるプロジェクト「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」にも参加している。

   七尾さんは新型コロナウイルスの影響が社会に広がる中で、ライブハウス業界の厳しい現実や日本政府の政策に対する批判をツイッターで発信してきた。そうした中、ユーザーから七尾さん宛てに「政治的な発言は聞きたくない」という内容のリプライが送られたことを受け、20日夜のツイートで、

「つーか、おれ普通に失業者だし、コロナが収束しても次ギャラが振り込まれるの秋だよ」

   と自身が経済的な影響を受けていることを明かした。

   それでも自身は「生き延びる自信がある」とした上で、「散々お世話になったライブハウス等はもう1秒の猶予もなく危機的状態です。ランニングコストが違うから」とライブハウスの窮状を訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中