2020年 7月 3日 (金)

元通訳が明かす外国人助っ人ユニークエピソード トイレから選手の奇声、確認すると...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球の開幕が先延ばしになっている。多くのプロ野球ファンが、ウイルス感染拡大の収束を願いつつ開幕を待ち望んでいることだろう。

   プロ野球のみならず、日本のスポーツ界に暗いニュースが続くなか、J-CASTニュース編集部は、プロ野球の元通訳を取材。元通訳が明かした過去に来日したMLB選手の数々のユニークなエピソードを紹介したい。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「ウォー!」

   今回、取材した元通訳は、1990年代から20年以上、日本の複数の球団で通訳を務めた経験を持つ人物で、数多くの外国人助っ人に関わってきた。この元通訳によると、生活様式が異なる日本での生活に全くなじめなかった選手がいた一方で、徐々に日本での生活に慣れ、日本での生活を楽しんでいた選手もいたという。20年以上、通訳として様々な選手と触れ合ってきたなかで、印象に残っている出来事を教えてくれた。

   1つ目は、トイレにまつわるエピソードだ。時代は1990年代後半、春季キャプに備えて地方のホテルに宿泊した時のこと。通訳が選手をホテルの部屋まで送り、翌日のスケジュールを確認して部屋から出ようとした時、トイレから「ウォー!」という選手の大きな声が聞こえてきた。通訳が驚いてトイレに向かったところ、選手が顔を真っ赤にさせて、こう叫んだという。

「なんだこの便器は!便器にファックスマシーンが乗ってるぞ!」

   この選手は初めてウォシュレット式の便器を見たという。この選手のように、温水洗浄便座を初めて見た選手の多くは驚き、戸惑うそうだ。その一方で、とりこになった選手もおり、帰国して自身で購入して使用している選手もいるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中