2020年 10月 20日 (火)

野村克也氏「投手が捕手のサインに首を振ったら盗塁しろ」→その理由は? 元参謀・橋上氏が明かす采配術

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   プロ野球界の名将・野村克也氏が亡くなってから2カ月以上が過ぎようとしている。

   選手、監督して日本の野球界に多大な功績を残した野村氏。J-CASTニュース編集部は、ヤクルトで選手として野村氏の指導を受け、楽天でヘッドコーチとして野村氏を支えた橋上秀樹氏(54)を取材し、実体験に基づいた「野村野球」について話を聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「おまえ何を目指して練習しているんだ」

   ヤクルト時代、選手として7年間、野村氏の指導を仰いだ橋上氏。野村氏がヤクルトの監督就任直後にキャンプ中のバッティング練習で野村氏からかけられた言葉が今でも忘れられないという。

「おまえ何を目指して練習しているんだ」

   とっさに言葉が出なかったという橋上氏は「それまでそんなことを考えてもみなかったので、答えることが出来ませんでした。野村さんの言葉を聞いて、自分がそれまで漠然と練習していたことを痛感させられました。私の心に刺さりました。この他にも野村さんには『正しい努力をしなさい』『成果の現れる練習をしなさい』など多くのアドバイスをいただきました」と当時を振り返った。

   野村氏がヤクルトの監督に就任したばかりのころ、橋上氏が印象に残っているエピソードを教えてくれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中