2020年 9月 28日 (月)

らんま1/2、lainからRe:ゼロまで... 栗山千明のアニメ好きが「ガチ」だとわかる、その視聴遍歴

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   女優の栗山千明さんは、第一線で活躍し続ける俳優の中でもトップクラスのアニメ・ゲーム・マンガのオタクとして有名だ。

   2020年3月23日にツイッターアカウントを開設して以降、しばしば好きなアニメについてのツイートをしている栗山さんだが、それらを分析すると、栗山さんの筋金入りのオタクぶりが見えてくる。

  • こちらはツイッターで栗山さんが公開したグッズ類
    こちらはツイッターで栗山さんが公開したグッズ類
  • こちらはツイッターで栗山さんが公開したグッズ類

「世界観が好きだった」1998年の作品とは

   3月30日の栗山さんのツイートによれば、「小学生の低学年の頃は『シティハンター』や『キャッツアイ』『らんま1/2』『うる星やつら』などを再放送やレンタルビデオを含め、よく観てました」とのことである。

   90年代のアニメでは「スラムダンク」「幽遊白書」「スレイヤーズ」「新世紀エヴァンゲリオン」なども観ていたという。いずれも当時のヒット作で、1984年生まれの栗山さんにとっては、アニメ好きとして順当な道を歩んでいたといえるだろう。高橋留美子さんの作品では、「境界のRINNE」も見ていると2016年にNHK「スタジオパークからこんにちは」出演時に話しており、高橋さんの作品が好きなのは一貫しているようだ。

   また4月1日に栗山さんは「Serial experiments lain」の世界観が好きだったとツイートしている。1998年にゲームとアニメが同時進行で制作・放送されたコンテンツで、コンピューターが高度に発達した世界を舞台に展開され、コアなファンが多い。当時栗山さんは中学生だが、「エヴァ」や「スレイヤーズ」に比べるとニッチなチョイスではないだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中