2020年 10月 22日 (木)

ラマダン対応、続く模索 Zoomイベント行う国内寺院...海外では外出禁止「緩和」も

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   新型コロナウイルスの影響もある中、イスラム教徒はラマダン期間の対応を模索している。

   東京ジャーミィ(東京都渋谷区)は2020年4月29日、ラマダンの間のオンラインイベントのスケジュールと、オンライン「東京ジャーミイハラールマーケット」の開設を発表した。

  • 「東京ジャーミィハラールマーケット」オンラインショップのサイト
    「東京ジャーミィハラールマーケット」オンラインショップのサイト
  • 「東京ジャーミィハラールマーケット」オンラインショップのサイト

東京ジャーミィはオンラインイベント、通販も

   イスラム教において今年4月24日頃から5月23日頃の間は、日中の間に断食を行う月「ラマダン」となっている。日本最大級のイスラム教寺院である東京ジャーミィでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ラマダンでの祭事「イフタール」と「タラウィーの礼拝」、教室や講座などのイベントを中止していた。これらのイベントを29日、オンラインで開催するとしてそのスケジュールを発表した。

   オンラインイベントは、Zoomを使って参加することができる。また、その様子を東京ジャーミィのYouTubeチャンネル「TokyoCamiiTV」から閲覧できる。毎日クルアーンの朗読を行うほか、毎週日曜はラマダンに関する講義を行うなど、多様なイベントを用意した。

   さらに東京ジャーミィは、ハラールマーケットのオンラインショップを開設したことも発表した。2019年5月東京ジャーミィ内にオープンしたハラールマーケットでは、イスラム教で許されたハラール食材やスイーツ、トルコの雑貨などを取り扱う。今後は、オンラインハラールマーケットでも同様の商品が購入できる。ラマダンの期間中の配送料は、全国一律990円、9990円(税抜き)以上の買い物では無料に設定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中