2020年 10月 22日 (木)

岡村隆史が「女性の貧困・フェミニズム学ぶ番組を」 KuToo石川優実氏、「チコちゃん降板」に続く第2の署名活動

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   2020年4月23日深夜の「オールナイトニッポン」での岡村隆史さんの問題発言に関連し、ネット上の「うねり」が止まらない。岡村さんはラジオの放送で、新型コロナウイルスの流行によって経済的に困窮した女性が性風俗店で働くようになるという趣旨の発言を行ったため、放送後から岡村さんへ批判が殺到した。

   批判はこれに留まらず、ネット上では岡村さんについて、出演番組である「チコちゃんに叱られる」(NHK総合)の降板を要求する声がネット上で上がり続けているのだ。

「以下のキャンペーンに賛同をお願いします!」

   あるツイッターアカウントは、「NHKはチコちゃんから彼を降板させるべきだ。公共放送として」と、岡村さんの発言が公共放送に出演するに堪えないものだったと指摘。また

   別のアカウントも、「チコちゃんは降板でしょ。子供も見てる番組MCが風俗通いバンバンだなんて!あり得ないし!」と、もはや同番組を子供に見せるわけにはいかないとツイートしている。

   こうした中、岡村さんの「チコちゃん」からの降板と謝罪を要求する署名活動が署名サイト「Change.org」で開始。30日16時時点で6000筆を超え、フェミニズムの論客として知られる上野千鶴子・元東大教授のほか、中野晃一・上智大教授、評論家の勝部元気氏らが賛同を表明している。

   一方で、「#KuToo」運動で知られるフェミニスト・石川優実氏はこの署名活動に賛同する一方、同時に石川氏はもう1つ、岡村さんについての署名活動を始めている。

   それは、「ナインティナイン岡村隆史さんを起用し、女性の貧困問題やフェミニズムについて学べる番組を制作・放送してください」というものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中