2020年 10月 22日 (木)

ウィズコロナ時代の「さよなら運転」 鉄道イベントも大きく変わるかも

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   2020年4月17日、JR北海道札沼線北海道医療大学~新十津川間が運行最終日を迎え、同区間の長きの歴史にピリオドが打たれた。

   当初、最終運行日は5月6日を予定していたが、北海道が緊急事態宣言の対象地域になったことから繰り上げとなった。三密NGの声が高まるであろう「ウィズコロナ」の時代に鉄道関連のイベントはどのように変化するのだろうか。

  • (2019年6月にJR大阪環状線、ゆめ咲線から撤退した201系)
    (2019年6月にJR大阪環状線、ゆめ咲線から撤退した201系)
  • (2019年6月にJR大阪環状線、ゆめ咲線から撤退した201系)

異例の幕切れとなった札沼線末端区間

   JR札沼線北海道医療大学~新十津川間は乗客減等を理由に、2020年5月6日を最後に廃線が決定していた。しかし、新型コロナウイルスにより異例の幕切れとなった。

   4月15日、JR北海道は緊急事態宣言により、一般向け最終運行日を4月24日、沿線住民向け最終運行日を27日にすることを発表した。同時に沿線町外からの駅、沿線での撮影等の自粛の呼びかけも行われた。

   ところが4月16日、同社は翌17日を最終運行日とし、「町外からのご乗車、来駅、沿線での写真撮影等をお控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます」と発表した。

   結局、4月17日が最終運行日となり、北海道医療大学~新十津川間の幕が閉じた。当日は多くの町民が集まり、別れを惜しんだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中