2021年 4月 13日 (火)

中国「全人代開催」発表で起きた異常事態 航空チケット価格が10倍超に

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

ホテルや高速鉄道の予約サイトにアクセス殺到

   この2、3か月間、多くの中国市民はパジャマ一枚で過ごしてきたが、このニュースで思いついたのが、ようやく遠いところへ出かけられるということだった。

   同じ4月29日午後、北京市政府は国民が北京に入ってくる際に14日間の隔離を条件とすることを解除することも発表した。

   全人代のニュースにつづいて、北京が隔離を解除するニュースが入ってくると、飛行機や高速鉄道のチケットの購入、ホテルや公園の入園チケットの予約サイトであるctripは、すぐにアクセスが殺到して使いにくくなり、飛行機のチケットの価格は、それまでの数倍から十数倍にも値上がりした。

   4月29日の北京日報には以下の報道があった。

   「関連情報が発信されてから30分後に、北京発の飛行機チケットのアクセスはその前より一時15倍も増え、レジャー、ホテルなどの観光関連のサービスに対して問い合わせが3倍以上も増加した」

   一方、筆者が入居している労働者、農民が入っている団地は、5月1日から写真付きの出入り証明書を使うようになった。

「帰京する人の14日間隔離は解除したが、団地の出入りはいままで通りに厳しくチェックする。第二波の襲来への備えは一刻も緩んではいけない」

   テープレコーダのように団地の民生委員は筆者の質問に答えた。

   筆者も10年ぶりに顔写真を撮り、団地出入りの証明書を作った。5月1日から5日までの中国の5月黄金週(ゴールデンウィーク)の間にはどこにも出かけない。

(在北京ジャーナリスト 陳言)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中