2020年 10月 20日 (火)

松本人志「芸人救済プラン」、台湾でも話題 「これぞ雪中送炭」国際ニュース枠で取り上げられる

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんが、新型コロナウイルスの影響で生活苦に陥った芸人を救済するべく動いていると、スポーツ紙などが報じた。

   その太っ腹すぎる支援が、お隣の台湾でも大きな話題となっている。

  • 松本人志さん。反響は台湾でも
    松本人志さん。反響は台湾でも
  • 松本人志さん。反響は台湾でも

大盤振る舞いに感心の声が殺到

   報道を総合すると今回、松本さんが提案した救済プランは自身のポケットマネーから後輩芸人に1人上限100万円を無利子・無担保で貸し付けるというもの。返済期限は5年間で、貸付の条件は「おもろいやつ」とのことだ。面識のある後輩芸人は1000人を超えている為、松本さんは10億円程負担する計算となる。

   松本さん自身は今のところ、2020年5月4日に「善意にケチを付ける人達がいます。それは寄付や義援金をしたい人達の心を削ります。そして回り回って自分や自分の大切な人達をも救えなくなるのです。あーほー」とつぶやいた程度だが、後輩芸人たちも相次ぎ言及するなど、話題は大きく拡散した。

   今回の芸人救済報道は日本国内の各メディアで大きく取り上げられたが、これは新型コロナウイルス流行が落ち着きつつある台湾でもこぞって報道された。

   テレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」「ダウンタウンDX」などを通じ、台湾でも高い知名度を誇る松本さんの「大盤振る舞い」に現地のファンや芸能ライターも高い関心を寄せているのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中