2020年 10月 20日 (火)

シャオミ、プロモ動画を削除、謝罪 寿司+キノコ雲に「配慮に欠ける内容」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   中国のスマートフォンメーカー・シャオミ(Xiaomi)の日本法人は2020年5月6日、海外市場向けのプロモーション動画に「配慮に欠ける内容が含まれていた」とし、謝罪する声明を発表した。

   問題となったのは、シャオミの最新スマホ「Redmi Note 9」シリーズのプロモーション用の動画だ。

  • シャオミジャパンのツイート。動画の削除と謝罪を表明
    シャオミジャパンのツイート。動画の削除と謝罪を表明
  • 問題となった動画の一場面
    問題となった動画の一場面
  • シャオミジャパンのツイート。動画の削除と謝罪を表明
  • 問題となった動画の一場面

太った男→「ファットマン」を連想との指摘も

   Redmi Note 9の機能面の特長を、電車の中から宇宙空間まで、さまざまなシーンから伝えるという2分強の動画の中では、日本と思われる場所も登場した。

   バッテリーの性能をアピールするこの場面では、男性がバッテリーのアイコン風の寿司?を口の中にパクリ。するとたちまち、身体が風船のように膨れ上がり、日本風の家屋の屋根瓦を突き破って空へ飛び出してしまう(町並みには寺院風の建物と、ビルが立ち並ぶ)。

   さらに男性が空高く飛びあがると、画面はアメコミ風のアニメに切り替わり、キノコ雲が立ち上る大爆発が。キノコ雲には「FAST CHARGE(高速充電)」の文字が重なる。

   この場面が、寿司などの日本風の演出→キノコ雲という流れから、「原爆」を連想する、との声が日本のSNSなどでは上がっていた。男性が風船のように膨らんだ姿も、「太った男」から、長崎に投下された原爆のコードネーム「ファットマン」を思わせる、との指摘も。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中