2021年 6月 17日 (木)

「ポリ袋防護服」教育機関が寄付も... 誹謗中傷で地元医師会「非常に残念」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

医師会会長は「実用性」評価

   簡易防護服を受け入れた宝塚医師会はどう思っているのだろうか。5月8日、医師会の栗田会長に取材すると「簡易防護服は本当の防護服ではなく、少なくとも陽性の方が入院している病棟に(医療従事者が着て)入っていける服ではありません」とその効果は限定されるとの認識を示した。

   その上で、慢性的な防護具不足が続く医療現場においては、

「日々の診療では、何の症状もない方に唾を飛ばされることもあるため、そういったものを防ぐ上では有効です。僕らも(普段から)100円ショップの雨合羽を着てやっていますので、非常に助かります」

   と、簡易防護服の存在は大きかったと語る。

   また、「ポリ袋のつなぎ目の部分はガムテープで固定しているため、飛沫が飛んでも服にはつかないようになっている」と実用性の高さも評価した。

   一方、寄付を行った学園側にツイッター上で非難の声があがったことについては「せっかく好意で寄付してもらっているものに対して、誹謗中傷されるのは非常に残念だと思っています」とコメントした。

   11日の医師会への取材によれば、簡易防護服は12日から市内の医療機関に配布される予定だ。実際に使用するかどうかは「医師の判断に任せる」という。

(J-CASTニュース編集部 佐藤庄之介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中