2020年 6月 6日 (土)

あの名車「涙目」「鷹目」を本格レストア レンタカーとして期間限定で提供

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ニッポンレンタカー北海道は世界ラリー選手権(WRC)で活躍した2代目スバルインプレッサWRX‐STI(i)を北海道で貸し出すサービスを2020年5月1日から始めた。スバルのチューニングで知られる専門ショップの「プローバ」が、通称「涙目」と「鷹目」の2台のWRXをレストア(再生・修理)し、レンタカーとして提供する。

   2代目のWRXはヘッドライト周りに特徴があり、ファンの間で「涙目」と呼ばれる中期モデルが2002~05年、「鷹目」と呼ばれる後期モデルが05~07年に生産された。いずれも世界ラリー選手権に参戦し、ライバルの三菱ランサーエボリューション(ランエボ)と人気を二分した。04年に北海道で開催した「ラリージャパン」では、スバルのペター・ソルベルク選手が涙目のWRXで優勝し、ファンを沸かせた。

  • ニッポンレンタカー北海道の公式サイトより
    ニッポンレンタカー北海道の公式サイトより
  • ニッポンレンタカー北海道の公式サイトより

世界ラリー10年ぶり日本開催に合わせ

   スバルの世界ラリー選手権への参戦は、リーマン・ショック後の2009年に中止となったが、WRXはその後も独ニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝するなど活躍。モータースポーツに市販車のままでも参戦できる高性能スポーツカーとして、今も世界中に根強いファンがいる。

   今回、ニッポンレンタカー北海道は、世界ラリー選手権が今秋10年ぶりに日本(愛知・岐阜両県)で開催するのに合わせ、2004年のラリージャパンで優勝した2代目WRXをレンタカーとして復活させることにした。通常、レンタカーは新車を貸し出すのが一般的で、10年以上も昔の「旧車」をレストアしてレンタルするのは珍しい。

   2台のWRXのレストアを手掛けたのは、クルマ好きの間ではスバルの名門チューナーとして知られるプローバだ。ノーマルのWRXの中古車をベースに、プローバが入念にチューニング。ブレーキ、マフラー、ステアリングホイール、シートなどは専用部品を用いており、ノーマル車との違いを楽しむことができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中