2020年 6月 2日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
民主党支持者も拍手送る大統領「中国断交」発言

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「中国には心底失望した。中国との関係を完全に断ち切ることもできる」

   2020年5月14日、トランプ米大統領はFOXビジネス・ネットワークのインタビューで、新型コロナウイルスへの対応について中国を厳しく批判し、断交の可能性をも示唆した。

   これを米国民は、どのように受け止めたのだろうか。

  • FOXニュースのインタビューに答えるトランプ大統領(ホワイトハウス公式FBより)
    FOXニュースのインタビューに答えるトランプ大統領(ホワイトハウス公式FBより)
  • FOXニュースのインタビューに答えるトランプ大統領(ホワイトハウス公式FBより)

8万人超の死者に「失ったものが大きすぎる」

   トランプ大統領は、「中国は(コロナの流行を)なすがままに任せるべきではなかった」とし、「今は彼(習近平国家主席)と話したくない」と語った。

   2020年1月、米中は「第1段階」の通商協定で署名した。

   トランプ氏は、「せっかく素晴らしい通商合意を結んだのに、今はそう思えない。協定署名のインクが乾かないうちに、コロナの感染が広がったからだ」とし、協定の再交渉に関心がないと話した。

   トランプ氏は、コロナがどこで発生したかということより、中国の対応を重視するとし、「ウイルスの発生源が研究所だろうがコウモリだろうが、中国であることに間違いはない。中国はそれを阻止すべきだったし、できたはずだ」と非難した。

   全米で感染拡大が最も大きいニューヨーク市に住むクリスティーン(50代)が、電話取材で次のように私に語った。

「新型コロナで米国は、8万人以上の死者を出した。経済的な打撃も計り知れない。私たちは失ったものが大きすぎる。私はトランプが好きではないけれど、今回初めてトランプの発言に拍手を送った。中国の罪は深すぎる」

   これまでずっと民主党支持者だった彼女は、最近、自宅にいる時間が多かったこともあり、コロナ関連で中国がらみの情報をいろいろ読みあさったという。

「民主党やWHO(世界保健機関)が、いかに中国と癒着していたか、これまでほとんど知らなかった。オバマやクリントン、バイデンも同じ。今の大統領が民主党だったら、中国に対してあれだけきっぱりモノを言えないはず」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中