2020年 6月 3日 (水)

日本人の約4割が「電話恐怖症」? 予約もネットで、理由は「雑な対応が怖いから」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本人の約4割が「電話恐怖症」――。損害保険会社・セゾン自動車火災保険(東京・豊島区)が2020年5月8日、こんな調査結果を発表した。

   調査では、電話をかける・出ることに緊張したり、ストレスを感じたりする人を、アンケートの結果をもとに「電話恐怖症」と仮定。その回答傾向を分析したところ、とくに固定電話に苦手意識を感じていることが明らかになったという。

固定電話が鳴ると緊張する?

   調査は20~60代の男女300人を対象に、インターネット上で行われた。実施期間は20年3月。LINEなど契約客とのコミュニケーション手段が多様化していることを背景に、電話に対する意識調査を実施したという。

   この調査では、電話をかける際、出る際に感じるストレスの有無を尋ねた計10の質問に対し、かける・出るそれぞれの項目で「当てはまる」が半数以上だった人を「電話恐怖症」と定めた。

   質問の内容は、以下のようなものだ。せっかくなので、読者も試してみてはどうだろう。

<電話に「出る」ことに対するストレス=全4問>

・自宅や勤務先の固定電話が鳴ると緊張する
・自宅の固定電話にかかってきたとき居留守をすることがある
・非通知の電話には出ないことが多い
・見知らぬ番号からの電話には出ないことが多い

<電話を「かける」ことに対するストレス=全6問>

・固定電話に電話をかけるときに緊張する
・友人や知人に電話をする際、LINEやメール等で事前に連絡する
・留守番電話にメッセージを入れることが苦手だ
・お店に予約を入れるときは電話よりインターネットを使う
・電話をかける前に話す内容や言葉を準備する
・電話の方が早い場合でもLINEやメール等で連絡したい

「出る」の質問で2問以上、かつ「かける」の質問で3問以上当てはまった場合は、この調査で言うところの「電話恐怖症」に該当する。いかがだったろうか。

なお今回のアンケート調査では、回答者300人のうち40.3%が「電話恐怖症」の基準を満たす結果となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中