2020年 10月 22日 (木)

9回2アウト、鳥谷が「盗塁」を選んだ理由 戦略コーチが振り返る2013年WBC台湾戦

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   来年(2021年)3月に開催を予定している野球の第5回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が、新型コロナウイルスの影響で延期される可能性が出ている。

   日本は2006年の第1回大会、09年の第2回大会と連覇。3連覇がかかった第3回大会(13年)では準決勝でプエルトリコに敗れ優勝に手が届かなかった。J-CASTニュース編集部は、第3回大会に戦略コーチとして参加した橋上秀樹氏(54)を取材し、当時を振り返ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

予選第2ラウンドの台湾戦、9回にドラマが...

   2013年の日本代表メンバーは、田中将大投手(当時・楽天)、前田健太投手(当時・広島)、杉内俊哉投手(巨人)ら投手陣に加え、野手では阿部慎之助捕手(巨人)、鳥谷敬内野手(当時・阪神)、井端弘和内野手(当時・中日)、坂本勇人内野手(巨人)、中田翔外野手(日ハム)、内川聖一外野手(ソフトバンク)らそうそうたるメンバーが集結し、大会3連覇に大きな期待がかかっていた。

   第1ラウンドでは、ブラジル、中国に連勝したもののキューバに敗れて2勝1敗で第2ラウンドへ進んだ。第2ラウンド初戦で台湾との接戦をものにし、オランダに連勝して第2ラウンド1組1位で決勝ラウンドへ。プエルトリコとの準決勝では、7回まで0-3とリードされ、8回にようやく1点を返したものの時すでに遅し。結局、1-3で準決勝敗退となった。

   2013年のWBCを語る上で欠かさないのが、第2ラウンドの台湾戦(3月8日・東京ドーム)だろう。台湾に3回に先制点を許し、5回に中押しの2点目を献上。0-2で迎えた8回、井端、内川、阿部の3連打などで2点を返して同点に。その裏の攻撃で台湾に1点追加され再びリードされるも、9回にドラマが待っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中