2020年 10月 20日 (火)

「新しい生活様式」、鉄道の変化を予想 対面ボックスシートは消える?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスにより、世の中の様相が大きく変わろうとしている今日この頃。2020年5月4日には厚生労働省から「新しい生活様式」が公表された。

   今回は「新しい生活様式」から鉄道の日常風景がどのように変わるのか、いろいろな観点から予想してみる。

  • (岡山駅で発車を待つ旧国鉄型ディーゼルカー)
    (岡山駅で発車を待つ旧国鉄型ディーゼルカー)
  • (岡山駅で発車を待つ旧国鉄型ディーゼルカー)

2列+1列転換クロスシートが人気を集める?

   5月4日に公表された「新しい生活様式」の実践例では4つの項目に分け感染防止対策を具体的に示している。個人的に気になったのは「人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける」と「会話をする際は、可能な限り真正面を避ける」である。

   上記の具体例から考えると、旧国鉄時代からの伝統的な4人対面ボックスシートの維持は厳しいのではないか。4人が座ると各人との間隔は狭く、家族や友人の場合は真正面の会話が避けられない。場合によっては向かい側の座席を空席にし、2人利用に限定することも考えられる。

「関空快速」などで見られる2列+1列転換クロスシート
「関空快速」などで見られる2列+1列転換クロスシート

   これからは関西空港と大阪方面を結ぶJR西日本「関空快速」の車内で見られる2列+1列転換クロスシートが人気を集めるかもしれない。個人で2列の転換クロスシートに座ると、どうしても隣の人との間隔が気になるものだ。1列だと間隔を気にすることなく利用でき、自然とリラックスできる自分がいる。もしかすると近郊電車だけでなく特急列車普通席も2列+1列の座席レイアウトを採用するかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中