2020年 11月 29日 (日)

「鬼滅」作者名乗る偽アカウントに反応してしまった... LiSAが投稿した絵文字の意味

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   週刊少年ジャンプの人気漫画「鬼滅の刃」の作者「吾峠呼世晴」さんを名乗るアカウントがツイッターに出現し、ジャンプ編集部の公式アカウントが「ご本人ではありません」と注意を呼びかけた。

   このなりすましツイッターを当初本物だと思って反応してしまった人の中には、テレビアニメ版の主題歌を担当した歌手のLiSAさんもおり、編集部による否定ツイートで気付いたあとのLiSAさんの投稿に対しては、ファンらから慰めるような声が寄せられていた。

  • 涙の「絵文字」を投稿したLiSAさん(画像はツイッターから)
    涙の「絵文字」を投稿したLiSAさん(画像はツイッターから)
  • 涙の「絵文字」を投稿したLiSAさん(画像はツイッターから)

「かなしいですよね...」「偽物かよって感じですね」...

   2020年5月18日発売のジャンプ(2020年24号)には「鬼滅の刃」の最終話が掲載され、0時に配信される電子版「少年ジャンプ+」でも更新直後にはアクセス過多からか接続エラーが発生するなど、注目を集めた。

   そんな中、0時20分ごろに吾峠さんを名乗るアカウントが「ツイッター?始めました。吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)と申します」とツイートした。その後も「ジャンプにて『鬼滅の刃』を連載しております」といった内容を数回投稿し、早くも1時ごろには4万を超えるフォロワーを抱えた。

   このアカウントの出現に、テレビのアニメ版(19年放送)の主題歌「紅蓮華」などを担当した歌手のLiSAさんも18日未明に

「ついに、Twitterをお始めに‥!!か、感激!!」

と反応したが、ほぼ同じ時間帯に「少年ジャンプ編集部」が公式アカウントで

「吾峠呼世晴先生を名乗るアカウントが見られますが、ご本人ではありませんので、ご注意下さい」

と注意を呼びかけた。LiSAさんも、すぐにこの編集部ツイートに気付いたようで、ほどなく先の反応ツイートを削除。ジャンプ編集部の注意喚起をリツイートしたが、なりすましが発生したことへのショックからか、ただ一文字「大声で泣く人」の絵文字を投稿した。ファンからは「かなしいですよね...」「偽物かよって感じですね」「ひどい話や」と、LiSAさんへの慰めの言葉が寄せられた。また、当該の偽アカウントは18日朝までに削除されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中