2020年 6月 5日 (金)

黒川検事長は「実は新聞とベタベタだった」 古市憲寿、メディア・検察の関係に切り込むも小倉スルー

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2020年5月21日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、出演者の社会学者・古市憲寿さんが、東京高等検察庁の黒川弘務検事長の「賭けマージャン」をめぐる報道について自身の見解を述べた。

  • 「とくダネ!」(画像はフジテレビ内公式サイトから)
    「とくダネ!」(画像はフジテレビ内公式サイトから)
  • 「とくダネ!」(画像はフジテレビ内公式サイトから)

「政権とベタベタ」と批判されていたが「実は新聞とベタベタ」

   黒川検事長は、産経新聞の記者のマンションで朝日新聞の元記者らと1日に賭けマージャンに興じていたことが21日発売の週刊文春で報じられている。また、検察庁法改正案に反対する動きが注目されていた中、13日にも同じマンションで再び賭けマージャンを行ったという。その後、法務省の内部調査に対し事実を認め、辞任の意向を固めたことが報道されている。

   番組ではこの報道を取り上げ、MCの小倉智昭さんは「今国会で検察庁法案を力技で可決しとかないでよかったって、今政府は皆胸撫で下ろしてるでしょうね。これ可決してたらとんでもない騒ぎになってましたもんね」とコメント。そして山﨑夕貴アナウンサーが「この『3密の状態で、緊急事態宣言の間に』っていうところも古市さん気になりますよね」と話を振ると、古市さんは「それよりもやっぱり問題の本質って」と前置きした上で、

「政権とベタベタだってふうに批判されていた黒川さんが、実は新聞とベタベタだったってことが大きいなと思っていて」

と、検事長と記者が親密であることに問題の焦点を合わせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中