2021年 9月 28日 (火)

宇都宮健児氏が都知事選「3度目の正直」 「野党相乗り」できるのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

枝野氏「都連と相談」、玉木氏「対応は未定」

   緊急事態宣言が解除された5月25日のぶら下がり取材でも都知事選への対応を問われたが、

「都連と相談したい」(枝野氏)
「現時点では我が党としては対応は未定。これから選対委員長、幹事長とよく相談して決めていきたい」(玉木氏)

と述べるにとどめた。

   両党にとって、共産党色が強い宇都宮氏への一本化はハードルがある上、小池氏が率いて17年に結成された「希望の党」から「排除」された立憲メンバーからすれば、現職の小池氏の支援に回る事への抵抗感もある。依然として「不戦敗」がちらつく状態だ。

   一方、NHKから国民を守る党(N国)の党首で前参院議員の立花孝志氏(52)は5月25日、政治団体「ホリエモン新党」を設立。26日に同党からの出馬を表明した。立花氏は16年の都知事選にN国から出馬し、2万7241.975票で落選している。

   立花氏の出馬会見での説明によると、実業家の堀江貴文氏(47)は、「ホリエモン新党」以外から出馬する方向で調整しているという。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中