2020年 7月 9日 (木)

開幕ダッシュに成功するセ球団は? 齊藤明雄氏は「投手力が充実した」あのチームを挙げた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の公式戦開幕が2020年6月19日に決まった。レギュラーシーズンは143試合から120試合に縮小して行われる見込みで、日本シリーズは11月21日に開幕する。

   当初の3月20日開幕から遅れること約3カ月。今シーズンはどのような展開となるのか。J-CASTニュース編集部は、横浜ベイスターズで投手として活躍し、横浜の投手コーチを務めた齊藤明雄氏(65)を取材し、今シーズンのセ・リーグ序盤戦を占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「野手は3カ月、生きた球を打っていない」

   6月19日の公式戦開幕にあたり、6月2日から練習試合が行われる。公式戦は当面、無観客で開催され、セ・リーグは移動リスクを減らすため開幕から関東を中心に日程を組むとみられる。当初の予定から約3カ月開幕が後ろ倒しとなったことで、選手らにどのような影響を及ぼすのか。齊藤氏は次のように語った。

「野手は3カ月、生きた球を打っていない。これは大きいと思います。投手も実践のマウンドを踏んでいませんが、投手よりも野手の方が影響はあるでしょう。キャンプ、オープン戦と段階を踏んでも春先は『投高打低』の傾向にあり、今シーズンは開幕からしばらくこの傾向がさらに強まるのではと予想します」(齊藤氏)

   ペナントレースの行方を大きく左右する開幕ダッシュ。齊藤氏は、上記の理由から序盤戦は投手力が整ったチームが優位に立つと予想する。セ・リーグで最も投手陣が充実しているチームはどこなのか。

「投手力からいえば横浜でしょう。先発陣はエース今永(昇太)投手、上茶谷(大河)投手を中心に右、左とも3枚ずつ揃っていますし、中継ぎ、抑えがしっかりしている。投手陣は12球団でもトップクラスだと思います。横浜の次にくるのが中日だと思います。中日の投手陣は枚数もあり、充実しています。ただ、横浜と比較すると横浜の方が投手力は上回っているでしょう」(齊藤氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中