2020年 9月 29日 (火)

「にじさんじ」所属ライバー、さっそく任天堂ゲーム実況配信へ 法人契約締結で可能に

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   いちから(東京都千代田区)は2020年6月1日、任天堂の著作物の取扱いに関して、包括的な許諾を受けることに合意したと発表した。

  • 「にじさんじ」公式サイトより
    「にじさんじ」公式サイトより
  • 任天堂公式サイトより
    任天堂公式サイトより
  • 「にじさんじ」公式サイトより
  • 任天堂公式サイトより

UUUMなども同様の契約

   いちからは、キャラクターアバターを用いてYouTube上などで配信を行う「VTuber/バーチャルライバー」に関連するサービスを提供している。「にじさんじ」というバーチャルライバープロジェクトで知られ、「月ノ美兎(つきの みと)」や「樋口楓(ひぐちかえで)」といった約100人のバーチャルライバーが所属し、ゲーム実況配信やグッズ販売などを行っている。いちからが任天堂の著作物の取扱いに関して包括的な許諾を受けたことで、今後「にじさんじ」所属のバーチャルライバーたちは、任天堂のゲームの実況配信が可能となる。

   任天堂は「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を公表しており、個人が任天堂のゲームからキャプチャーした映像やスクリーンショットを利用した動画や静止画等を投稿(実況を含む)することや、非営利での収益化に対しては、著作権侵害を主張はしないとしている。

   しかしこのガイドラインでは、法人等の団体は対象外であったため、にじさんじは法人として任天堂の著作物の取扱いに関する包括許諾を受けることで、任天堂と合意した。ほか、UUUM(吉本興業所属を含む)、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)が同様の契約を締結している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中