2020年 11月 29日 (日)

老舗ドラムメーカーがペダル式消毒液スタンド 「儲け度外視」で手掛けた理由とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ドラム製造などで知られる老舗楽器メーカー・パール楽器製造(千葉県八千代市、以下パール楽器)が、新型コロナウイルスの予防対策としてペダル式の「消毒液スタンド」を販売すると話題になっている。

   ライブハウスが休業を余儀なくされる中、ドラムの売り上げが「厳しい状況」に置かれた老舗メーカーはなぜ商品を開発したのだろうか。

  • 老舗ドラムメーカーが消毒液スタンドを販売
    老舗ドラムメーカーが消毒液スタンドを販売
  • 老舗ドラムメーカーが消毒液スタンドを販売

当初は公式情報なく「コラ?」の声も

   パール楽器は1952年に東京・墨田区で設立。ドラムなどの打楽器やフルートの製造を主力とし、特にドラムはLUNA SEAの真矢さん、ラルクアンシエルのyukihiroさんなど人気ロックバンドのドラマーが愛用していることで知られる。

   2020年5月30日、とあるツイッターユーザーが投稿したパール楽器の商品チラシと思われる画像が話題を呼んだ。商品はドラムではなく、ドラムセットのような形をしたペダル式の消毒液スタンドだ。

   ペダルの形や三本足のスタンドはハイハット(ペダルを踏んで音色を変えるシンバル)さながらだが、スタンドには消毒液を置ける台が載せられている。ペダルを踏むと機器上部のプレートが下がってボトルのポンプを押し、消毒液が出てくるという仕組みで、ポンプに直接触れることなく消毒液を手に当てられる。

   ツイートは6月1日12時までに2万リツイート以上拡散されるなど注目が集まった。しかし、当初はパール楽器の公式サイトに製品情報が載っておらず、ツイッター上では「コラ?」「ジョークの類じゃなくて?」と実際に販売されるのかを疑う声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中