2020年 7月 9日 (木)

札幌の動物園、コロナで「存続の危機」→クラウドファンディングで支援求める ユニーク&ワイルドな返礼品話題

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北海道札幌市のふれあい体験型動物園「ノースサファリサッポロ」は、休園が長引いたために存続が危ないとしてクラウドファンディングを行っている。

  • 「【ノースサファリサッポロ】コロナの影響で存続の危機!動物達を守りたい!」より
    「【ノースサファリサッポロ】コロナの影響で存続の危機!動物達を守りたい!」より
  • 「【ノースサファリサッポロ】コロナの影響で存続の危機!動物達を守りたい!」より

「動物達を守りたい!」呼びかけ開始

   ノースサファリサッポロは2005年に開園した札幌のふれあい体験型動物園。138種類、約500頭の動物たちを飼育しており、ノースサファリ札幌によれば昨年来場者数は15万人を超える。

   しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響でGW期間含む休園が続いたために、クラウドファンディング「【ノースサファリサッポロ】コロナの影響で存続の危機!動物達を守りたい!」を5月16日から開始した。集めた資金は、動物たちのエサ、医療費、管理費、冷暖房費、人件費に充てるとしている。

   この取り組みは、STV放送「ハッピーおとどけ隊」やHTB放送「イチモニ」で紹介されるなど、注目を集めた。支援は3千円から可能で、ヘビの抜け殻で作成したピアスやキーホルダー、ビーバーがかじった木で作ったコースターなどの動物ゆかりリターンを用意している。そのほか、ノースサファリサッポロ1日園長体験や、スペシャルメンバーカードの発行、動物園貸し切りコースなどのユニークな品々が並ぶ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中