2020年 11月 27日 (金)

球界OB「NPB主導でPCR検査を実施すべき」 開幕まで2週間、主張の声相次ぐ

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

    プロ野球のヤクルトは2020年6月5日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を受けた村上宗隆内野手(20)の検査結果が陰性だったと発表した。村上は発熱とのどの痛みを訴え、4日午後に病院を受診。医師から勧められPCR検査を実施した。また、村上と同じくPCR検査を受けたアルバート・スアレス投手(30)の検査結果は6月5日の19時時点で判明していない。

5日の巨人戦は予定通りに開催

   日本球界では3月末に阪神の3選手にウイルス感染の陽性反応が確認された。6月3日には、巨人の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)にウイルスの陽性反応が確認され、同日に東京ドームで予定されていた巨人-西武戦が急きょ中止になった。坂本、大城ともにその後に受けたPCR検査で陰性の判定が確認され、今後は専門家の助言を受けながらチームの合流を目指していく。

   坂本と大城のケースは、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果、ウイルスの感染後に回復したことを示す「IgG抗体」が確認され、その後のPCR検査で陽性判定が出た。2選手ともにウイルス感染から回復した後、一定の時間がたっているとみられ、3日と4日に実施したPCR検査では陰性の判定が出ており、6月19日の公式戦開幕も視界にとらえている。

   幸いにも村上は陰性判定だったものの、陽性反応が出た場合、チーム内で感染が拡大する恐れがあった。村上は2日と3日に神宮で行われた中日との練習試合に出場しており、少なからずチームメイトと何らかの接触があったとみられる。また、村上、スアレスのPCR検査の判定結果がまだ判明していなかったことから5日午後2時から予定されていた東京ドームでの巨人戦は予定通り行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中