2020年 11月 26日 (木)

球界OB「頭一つ抜けている」 外国人枠「5」で有利になるのはDeNA?セの戦力分析

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   プロ野球が2020年6月19日に公式戦開幕を迎える。

   新型コロナウイルスの影響で3カ月ほど開幕が延びた関係で特別ルールの導入が検討されている。外国人枠に関しても特例が検討されており、これまでの4人から5人(ベンチ入りは4人まで)に拡大する案が出ている。外国人枠拡大が適用された場合、どの球団が有利となるのか。セ・リーグの外国人枠争いの現状をみてみる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

投打ともに有力選手を抱えるDeNA

   セ・リーグ6球団で最も外国人選手が充実しているといわれているのがDeNAだ。野手では新戦力タイラー・オースティン外野手(28)がオープン戦から絶好調で、打率.343、4本塁打をマーク。すでに日本球界で実績を残しているホセ・ロペス内野手(36)、ネフタリ・ソト内野手(31)に加えてオースティンがラインナップに名を連ねれば、対戦チームにとって大きな脅威となるだろう。

   DeNAの投手陣では、新戦力のマイケル・ピープルズ投手(28)、スペンサー・パットン投手(32)、エドウィン・エスコバー投手(28)が支配下にいる。ピープルズの実力に関しては未知数だが、パットン、エスコバーは中継ぎとして欠かせない存在だ。DeNAとしては、野手3人とパットン、エスコバーを常時、起用したいところで、特別ルールで枠が拡大されれば、外国人の「主力」5人がシーズンを通して出場する機会を得る。

   公式戦開幕まで2週間を切り、し烈な外国人枠争いが展開されるのが阪神だ。野手で1軍当確とされるのがジャスティン・ボーア内野手(32)とジェフリー・マルテ内野手(28)。投手陣はジョン・エドワーズ投手(32)、ロベルト・スアレス投手(29)が枠に入ると見られ、枠が拡大されればジェリー・サンズ外野手(32)が濃厚となる。この5人で回していきながらオネルキ・ガルシア投手(30)、ジョー・ガンケル投手(28)を組み込んでいくとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中