2020年 7月 9日 (木)

井上尚弥に敗れた男たちの「その後」 2団体統一王者となった田口、44歳元王者は今なお...

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の3団体王座統一戦が、今秋にも実現する可能性が出てきた。デビュー以来無敗の王者は、専門メディアのパウンド・フォー・パウンド(PFP)の上位にランクされ、世界的なボクサーとなった。

   日本、東洋、世界の階段を一気に駆け上がってきた「モンスター」。J-CASTニュース編集部は、これまで井上に挑み、散っていったボクサーたちのその後のキャリアに追ってみた。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

井上の敗戦を糧に2団体統一王者に

   井上がプロ入り後、初めてタイトルに挑んだのが、2013年8月に行われた日本ライトフライ級タイトル戦だった。プロ4戦目にして日本王者・田口良一(ワタナベ)に挑戦し3-0の判定で王座を獲得。この勝利によって世界ランキング入りを果たし、同年12月には東洋太平洋ライトフライ級のベルトを腰に巻いた。

   田口は敗戦後、2戦をはさんで2014年12月にWBA世界ライトフライ級王者アルベルト・ロッセル(ペルー)に挑戦し、判定で世界王座を獲得した。その後、同王座を6度防衛し、2017年12月にIBF王座を統一するとともにWBA王座の7度目の防衛に成功。統一王座の初防衛に失敗し、19年3月に世界2階級制覇を目指してWBO世界フライ級王座に挑むも判定負けを喫し、これを最後に引退した。

   田口が世界王座を獲得した8カ月前に井上がWBC世界ライトフライ級王座を獲得。井上は2014年9月の初防衛戦後に王座を返上したため田口とは王座在位の時期が重ならなかったが、日本王座を争った2人が同年に同階級の世界王座を獲得した事実は、日本の軽量級のレベルの高さを物語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中