2020年 7月 3日 (金)

医師めざすラグビー福岡堅樹に「応援するのみ!」 東京五輪代表候補から離脱も「もうひとつの夢も大事」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表のWTB福岡堅樹選手(27、パナソニック)が、東京五輪の7人制代表候補から離脱した。日本ラグビー協会が20年6月13日、発表した。

   2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表のWTB福岡堅樹選手(27、パナソニック)が、東京五輪の7人制代表候補から離脱した。日本ラグビー協会が20年6月13日、発表した。

  • 福岡堅樹選手
    福岡堅樹選手
  • 福岡堅樹選手

19年W杯日本大会で4トライ

   福岡選手は1月に7人制への専念を表明。当初は今夏に予定されていた東京五輪に出場した後に一線から引き、大学医学部への進学を目指すとしていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で五輪が1年延期となり、その去就に注目が集まっていた。今回、日本ラグビー協会が6月13日、福岡選手らの代表候補(トレーニングスコッド2人など)離脱を公式サイトで発表した。

   13日の各メディア(ウェブ版)は、このニュースを「ラグビー福岡堅樹が東京五輪を断念 医学部へ進学めざす」(朝日新聞)、「ラグビー福岡 東京五輪出場を断念 医学部ある大学進学を優先へ」(NHK)などと報じた。

   福岡選手は19年W杯日本大会で4トライを挙げ、日本の初の8強入りに貢献した。これまでに15人制のW杯イングランド大会(15年)や7人制のリオデジャネイロ五輪(16年)で代表入りしていた。

   持ち味の俊足を生かしたプレーにファンも多かった福岡選手の「五輪断念」報道をうけ、ツイッターには、

「残念。苦渋の決断だろうけど」
「悔しいだろうなぁ...でも、もうひとつの夢も大事だものね」
「オリンピックでも応援したかった!けど福岡堅樹自身がこれからまた努力しようとしてるので応援するのみ!頑張ってください!」

   と、医師を目指す福岡選手の決断に理解を示す声が相次いでいた。

   福岡選手の公式ツイッターは、13日15時現在に確認した段階では、11日のツイートが最新で、今回の代表候補離脱に触れた内容は発信していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中