2020年 9月 29日 (火)

都知事選「出馬予定5人」が副知事案を披露 山本太郎氏「この候補者の中でいうと、宇都宮さん。そして小野さん」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)をめぐり、立候補予定者5人によるオンライン記者会見が6月17日、開かれた。

   れいわ新選組の山本太郎代表(45)は、当選した際には元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)を副知事に起用する意向を明らかにした。山本氏は6月15日に出馬表明したばかりで、先に出馬表明していた宇都宮氏との間で、いわゆる「リベラル票」を奪い合う可能性も指摘されてきた。宇都宮氏の支持層の切り崩しを図ったとの見方も出そうだ。

  • 都知事選立候補予定者5人による記者会見は「Zoom」のウェビナー機能を使って行われた
    都知事選立候補予定者5人による記者会見は「Zoom」のウェビナー機能を使って行われた
  • 都知事選立候補予定者5人による記者会見は「Zoom」のウェビナー機能を使って行われた

IR推進派の小野氏も「行政マンとして非常に優秀」と評価

   会見は、日本記者クラブが主催し、オンライン会議システム「Zoom」のウェビナー機能を使って90分にわたって論戦した。山本氏、宇都宮氏以外に、現職の小池百合子氏(67)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が出席した。

   宇都宮氏の起用案は、終盤の

「都知事に就任した場合、どなたを副知事に任命したいか」

という質問に対して出たもので、山本氏は

「この候補者の中でいうと、やはり私は宇都宮さん。現場のことを、よく分かってらっしゃる。やはり、困った方に寄り添うという心を持った方。そしてもうひとり、小野さん。それは、行政マンとして非常に優秀だろうと私は思っている。他にも、もしも4人という枠があるならば、私は障害当事者の方だったりとか、そういう方を入れたい」

などと述べた。

   山本氏と宇都宮氏と、福祉を重視するなど政策面で近いと受け止められている。ただ、山本氏と宇都宮氏はカジノを含む統合型リゾート(IR)施設誘致に反対する立場だが、小野氏は今回の会見でも推進を明言。仮に構想が実現したとしても、不協和音が起こる可能性がありそうだ。

   立花氏については

「あのー、立花さんを入れちゃうと、本当にNHKをぶっ壊すことになっちゃうと困るので...、すみません」

として「構想外」。参加者からは笑いが起こった。

小池氏「現状で素晴らしい」

   立花氏は実業家の堀江貴文氏(47)を

「堀江さんが立候補されないということであれば、私は堀江貴文さんを副知事にしたいと思っている」

などと推す一方で、宇都宮氏は

「行政・自治体の問題に精通されている方がふさわしいと思っている。できれば、女性の副知事もいた方がいい」

と話した。小野氏は、必要な資質として

「ITに強い人」「都市計画の専門家」「都庁の職員から信頼されている方」

を挙げ、小池氏は

「みんなの士気を高く持つためにも、いいチームでやっていきたい。現状で素晴らしいと思っている」

とした。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中