2021年 5月 6日 (木)

「ワニと子猫」大喜利ツイートの猫が受難? 出演動画チャンネル「クリームヒーローズ」に「お家騒動」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2020年6月中旬、ツイッターではワニと子猫の画像を組み合わせた投稿が流行した。恐ろしげなワニと可愛い子猫のギャップを活かしたネタ投稿が相次いだが、その子猫の「身元」は韓国のYouTubeチャンネル「CreamHeroes(クリームヒーローズ)」で人気の猫だった。ところがこの猫たちは、今「お家騒動」に見舞われていた。

  • この組み合わせが日本のツイッターで流行した。右側の子猫がクリームヒーローズの「ルル」。
    この組み合わせが日本のツイッターで流行した。右側の子猫がクリームヒーローズの「ルル」。
  • この組み合わせが日本のツイッターで流行した。右側の子猫がクリームヒーローズの「ルル」。

7匹の猫が同居、グッズも展開

   クリームヒーローズは2017年1月16日にチャンネル登録され、現在までの動画の累計再生回数は11億回を超えている。20年6月までに7匹の猫が動画に「出演」し、投稿者の「執事」さんに飼われ、グッズも発売されるほどの人気になっている。うち1匹がキジトラ柄の「LuLu(ルル)」という猫で、最近の日本のツイッターで流行したワニと猫を組み合わせた投稿に使われた。

   韓国語のみならず日本語版の動画も作られて人気のチャンネルになっていたが、2020年3月19日に執事さんから「크집사(執事)」名義の別のチャンネルで「じゃあね、クリームヒーローズ」という動画が投稿された。

   その内容は、執事さんが投稿したコメントを翻訳すると、「クリームヒーローズのチャンネルは今後新しい代表者により運営されますが、どのような方向性になるかはわかりません」「チャンネル譲渡で得たお金は、全額韓国猫保護機構に寄付しました。チャンネル登録者の皆さんに深く感謝します」「最後に、私はもうクリームヒーローズのグッズを制作しません。しかし、私は2021年まで(猫との)日記をつけると言った責任があります。それはもうクリームヒーローズの名前で作ることはできないので、新しい名前で作ります。その経過はYouTubeのClaireチャンネルや私のインスタグラムやSNSで更新していきます」とのことである。(※すべて編集部訳)

チャンネルが「分裂」

   この執事さんによる動画投稿後、クリームヒーローズのチャンネルからは動画投稿は行われていない。代わりに執事さんによる「크집사」「kittisaurus」「Claire Luvcat」のチャンネルから、今までクリームヒーローズに出演していた7匹の猫の動画が投稿されている。

   突然起こったクリームヒーローズの「分裂」だが、視聴者のコメントからは、「執事さんが会社に不当にチャンネルを奪われた」と、執事さんを支持する意見が多い。従来のクリームヒーローズのチャンネルで動画を見ると会社に収益が入るため、執事さんのチャンネルで動画を見ようという声もある。今回日本のツイッターユーザーの間でルルが話題になった時も、新しい執事さんのチャンネルの動画を見てほしいというツイートが見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中