2020年 11月 25日 (水)

渡部建不倫で注目の「セックス依存症」 経験者の漫画家が語る苦しさと、社会に求められることは?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2020年6月11日発売の「週刊文春」で不倫問題を報じられた「アンジャッシュ」の渡部建さん(47)。妻が美人女優の佐々木希さん(32)ということもあり、大きな好奇の目を集めるとともに、彼女を「裏切った」渡部さんは、世間からの激しい非難を受けることとなった。

   加え、文春記事では複数女性と不倫をしていたという点や、多目的トイレで性行為に及んでいたことも報じられている。この点も、時にメディアでは「獣欲」などといったおどろおどろしい言葉で語られた。

   一方、こうした「常軌を逸した」ともいえる行動には、なんらかの「病」ではないかと疑う声も、早くからあった。特に最近では一歩踏み込んで、「セックス依存症ではないか?」との論調で報じるメディアも出始めている。17日の東京スポーツは、憶測交じりではあるものの1面トップでこうした「疑惑」に触れた。

   近年は常習的な不倫の原因として「セックス依存症」が挙げられることも多く、病気として認識される機会が増えている。そこで、J-CASTニュース編集部では、「セックス依存症になりました。」で知られる漫画家の津島隆太氏に話を聞いた。

  • 渡部建さん(2017年撮影)
    渡部建さん(2017年撮影)
  • (C)津島隆太/集英社
    (C)津島隆太/集英社
  • (C)津島隆太/集英社
    (C)津島隆太/集英社
  • (C)津島隆太/集英社
    (C)津島隆太/集英社
  • 渡部建さん(2017年撮影)
  • (C)津島隆太/集英社
  • (C)津島隆太/集英社
  • (C)津島隆太/集英社

「あくまで『可能性』の話に留めるべきかと」

   自らも「セックス依存症」を患った津島氏は2018年4月に「週刊プレイボーイ」(集英社)でその経験を題材に「セックス依存症になりました。」の連載を開始し、漫画家デビュー。2020年3月からは「グランドジャンプ」(同)で、漫画「セックス依存症になりました。<決定版>」を連載しているほか、セックス依存症についての情報を広めるべく、メディアに出演するなどしている。

   津島さんはJ-CASTニュースの取材に、「セックス依存症」を患う中で、最も辛い点、苦しい点をこう語る。

「セックス依存症を患う中で私が一番辛い点はやはり『セックスをしないこと』です。よく依存症者はその嗜癖を失くすと『生きがいを失う』と怖がります。アルコール依存症者でしたらお酒がないと『人生の楽しみを失う』と言うことがありますが、セックス依存症者もセックスを失うと『男として・女として終わりだ』とか言ったりします。けれど、依存症者は自身のコントロールを失っているので、嗜癖を続けたままの方が人生が終わってしまう可能性は高いのです。治療では必ずしもセックス禁止というわけではありませんが、私の場合、淫らなセックスを控える為にセックス自体も止めているので辛いです」

   前述のとおり、今回のスキャンダルを受けて、渡部さんへの一方的な非難だけではなく、「セックス依存症」を疑う声も出始めている。津島さんは、こうした病気を疑う声や報道が増え始めていることについて、病気の経験者として、そして同作の作者としてどのような感想を抱いたか。

「実際がどうであれ、少なくとも今回、渡部健さんにセックス依存症を疑う声が出た事自体は良い事だと思いますが、あくまで『可能性』の話に留めるべきかと」

   と冷静な議論を呼びかけるとともに、

「また、現在セックス依存症の知識は世間に浸透しておりませんので、ご指摘は『中傷』だとか『病気のせいにしている』と誤解されてしまう恐れもあると思います」

と危惧する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中