2020年 9月 18日 (金)

新垣結衣は「母親役」で大化けするか 驚き多数も...女優としての転機に?

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   2020年8月放送開始のドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系)について、女優の新垣結衣さんが出演することが視聴者の間で話題になっている。

   同ドラマは演出家の福田雄一氏によるオリジナルドラマ。主演俳優のムロツヨシさん(44)が演じるシングルファーザーで小説家の小比賀太郎が、娘のさくら(永野芽郁さん=20)の大学に入学するにあたって異性関係を心配するあまり、自らも同じ大学の同じ学部に入学してしまうというコメディーで、新垣さんが連続ドラマにレギュラー出演するのは1年10カ月ぶりとなるという。

  • 若い頃のイメージが残っているが……(写真は2007年撮影)
    若い頃のイメージが残っているが……(写真は2007年撮影)
  • 若い頃のイメージが残っているが……(写真は2007年撮影)

「もうそんな年なんだな...外見若すぎ」

   今回、新垣さんが演じるのは、今は亡き小比賀の妻。このため、ドラマの中で新垣さんが登場するのは回想シーンがメインとみられているが、視聴者の間ではツイッター上を中心に、「ガッキーが母親役?!うそだろ」といった、新垣さんが母親役を務めることに驚きが広がっている。

   新垣さんは6月11日に32歳の誕生日を迎えているが、その数日前から新垣さんの誕生日を祝うツイートが頻出していたため、これらの動きがニュースになるなどしており、新垣さんが32歳になること自体には驚きというよりも祝福の念が視聴者から飛び出していたことは記憶に新しい。そこでのツイートは、「永遠の美少女ガッキー末永く応援します」といった女性アイドルへの祝福とでも言うべきツイートが目立っていた。

   そのためか、今回、新垣さんが母親役を務めるという報道を受け、新垣さんがすでに母親役を務めても何ら違和感のない年齢に達していたことに驚く、「ガッキーが母親か....もうそんな年なんだな...外見若すぎ」といった声が前述のものの他にも続々と上がっている。どうやら視聴者の脳内での新垣さんの年齢と、実際の新垣さんの年齢には開きがあったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中