2021年 5月 8日 (土)

「バースは再来しない」不振のボーアに虎党悲痛 矢野采配にも不満の声が...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

3捕手併用には「報道陣の中でもなぜ...」

   一方で虎党が不満を募らせるのは捕手を巡る采配だ。開幕戦では昨シーズン、ゴールデングラブ賞を獲得した梅野隆太郎捕手(29)が先発マスクを被ったが、第2戦は原口文人捕手(28)、第3戦は坂本誠志郎捕手(26)が先発で出場し、矢野監督は捕手を固定せず3捕手を併用して起用している。虎党からは、チームの柱となる梅野を固定しない采配を疑問視する声も上がっている。

   また、ボーアの不振もあり打順も固定しきれず、日替わり状態が続く。阪神を取材する関西メディアの関係者は「開幕3連敗のショックは大きい。矢野監督の采配に関しては、意図が見えづらいところがあるのでファンもフラストレーションがたまると思います。ボーアはしばらく時間がかかりそうですね。キャッチャーの起用に関しては、報道陣の中でもなぜ梅野でいかないのかという声もあります」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中