2020年 12月 5日 (土)

宇都宮健児候補が「副知事に...」 対談相手の前川喜平氏はこう答えた

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   東京都知事選(2020年7月5日投開票)に立候補している元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が6月25日、YouTubeチャンネル上で「宇都宮けんじとZOOM Special対談」を配信した。

   対談相手は、元文部科学省事務次官の前川喜平氏。宇都宮氏が「前川さんのような方に副知事に...」と語りかける一幕もあった。

  • 「宇都宮けんじとZOOM Special対談」より
    「宇都宮けんじとZOOM Special対談」より
  • 「宇都宮けんじとZOOM Special対談」より

「あの~、検討に値するお話ではないかと(笑い)」

   25日配信の「宇都宮けんじ 東京都知事選挙 2020」では、「希望のまち東京をつくる会」副代表の内田聖子氏が司会を務め、都政や教育に関する見解などの対談を行った。

   前川氏は、正直さや強い信念と意思をもっているとして宇都宮氏を応援。一方の宇都宮氏は、前川氏の教育に関する知見に感服した様子だった。

   対談の終盤には、宇都宮氏が

「私たちの選挙の陣営なんですけれど、前川さんのような方に副知事になってもらったら、東京都の教育行政を大きく改革、あの...改善することができるんじゃないかと、期待を持ってる方がたくさんいるんですけど、いかがでしょうか」

と質問。すると、前川氏は

「あの、あの~ちょっと考えさせてください(笑い)。たいへん、ありがたいお言葉ですけど。あの~たいへん、え~、あの~、検討に値するお話ではないかと(笑い)」

と応じていた。宇都宮氏は、笑顔を浮かべながら「そうじゃなくても、いろんな形でアドバイスをして頂ければな、と思います」と続けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中