2020年 7月 10日 (金)

唐揚げ店、大量キャンセルで「心折れた」 イタズラ推測させる「軽い感じ」の電話内容とは

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「金額的な損害はもとより、精神的苦痛のほうが大きかった」

   同店も新型コロナウイルスの影響で、一時売り上げは減少。担当者は「うちはマシなほうだと思います」というが、公的な助成金の対象店舗外だといい、自力で立て直す必要があった。助けてくれたのは地域の客だ。

「飲食店がつぶれたというニュースが流れるようになって、心配した近隣の方々が買いに来てくださって、何とか今につないでいます。だからこそ、捨てるのは本当に苦しかったです」(担当者)

   最近は「お金に本当に余裕がない人が増えてきた」と感じており、「コロナの影響で仕事を失った方々は生活が苦しくなってきます。地域の方々に助けてもらった分、何かお礼ができれば」と考えている。

   当然、キャンセルした客の名前と電話番号は控えているが、電話をかけても出なかった。「無駄骨になりそうなので、もう返金は諦めています」という。

「泣き寝入りというんでしょうか。『キャンセルでー』が軽い感じで、『すみません』といった言葉もありませんでした。訴えるべきと言ってくださる方もいますが、私たちにとっては訴訟に時間を費やすことも苦痛です。金額的な損害はもとより、精神的苦痛のほうが大きかったんです。実際その日、1人のスタッフは本当に心が折れて早退しました。ただでさえ1日のうち座っていられる時間は15分くらい。それでも応援してくださる方がいるから頑張れます。だったら、支えてくださる方々のために商品を作り、楽しい企画をするほうがいいです」(同)

   投稿の効果はあったかもしれない。同店は店頭だけでなく通販でも注文を受けているが、全体の5%程度で無断キャンセルが起きていた。それが今回の被害について投稿した直後となる24日が支払期限の注文は、「100%ご入金いただきました」という。

   協力を仰いだ弁護士は、飲食業の無断キャンセルの案件を数多く手がけており、LINE 1 通で相談に応じてくれることになったという。「これからは少額でも弁護士さんに対応をお願いするようにします。少しでも同様の被害の抑制になればと思います」と願う。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中