2020年 12月 3日 (木)

ヴィーナスフォートに建て替え計画 「聖地」惜しむ声続出「お世話になりました」「思い出がありすぎる」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京・江東区の商業施設「ヴィーナスフォート」などが入居する複合施設「パレットタウン」が大型商業施設に建て替えられる方向であることが、2020年6月30日に報道された。

   パレットタウンにはヴィーナスフォート・ライブハウスのZepp Tokyo・自動車ショールームのMEGAWEBなどが入居する。ベイエリアの名所が建て替えられるニュースが広がると、リリースイベントの聖地がなくなることを惜しむ声も広がった。

  • ヴィーナスフォート内のイベントスペース。数多のアーティストがイベントを行ってきた
    ヴィーナスフォート内のイベントスペース。数多のアーティストがイベントを行ってきた
  • ヴィーナスフォート内のイベントスペース。数多のアーティストがイベントを行ってきた

「リリイベ」の聖地、アイドルからJ-POPまで

   6月30日の日経新聞報道によれば、森ビル・トヨタ自動車・東和不動産・東京都の4社が協議を進め、パレットタウンの敷地に2025年頃に収容人員1万人規模の大型アリーナ施設を建設する予定であるという。工事着工は2023年頃をめどとしている。

   7月1日にJ-CASTニュースはヴィーナスフォート運営元の森ビルに取材すると、建て替え計画については報道の通りだと回答した。

   ヴィーナスフォートは1999年に開業した、ヨーロッパ風の街並みを再現したショッピングモールだが、2階に教会広場というスペースがあり、音楽関係のイベントが行われてきた。この屋外のMEGAWEBに隣接するエリアにも円形状のスペースがあり、そちらでもイベントがよく行われた。多いのはCDのリリースイベントで、たいていはトーク・ミニライブ・握手会などになる。アイドル・J-POP・アニメソング・声優など多岐にわたるアーティストがイベントを行ってきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中