2020年 12月 2日 (水)

今季セ・リーグの新人王争い 筆頭候補は広島・森下と巨人・戸郷、対抗馬は?

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   プロ野球の2020年の今シーズン、セ・リーグでは7人のルーキーが開幕1軍入りを果たした。すでに1軍で結果を残している新人やファームで1軍昇格を目指してアピールする選手もいる。

   新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズンが120試合に短縮されるなか、セ・リーグの新人王争いはどのような展開を見せるのか。今シーズンの新人王レースを予想した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

森下は下馬評通りの勝負強さを発揮

   6月19日に開幕し7月上旬現在で、セ・リーグの新人王レースの先頭を行くのは広島の森下暢仁投手(22)だ。2019年のドラフト1位で即戦力として期待されて入団。MAX155キロの直球に加え、カーブ、チェンジアップ、カットボールなど多彩な変化球を持つ。開幕前から今年の新人王の本命に上げられるなど周囲の期待は高く、今シーズンの開幕ローテーション入りを果たしている。

   プロ初先発となった6月21日のDeNA戦では、DeNAの強力打線を7回4安打無失点に抑え、鮮烈デビューを飾った。勝ち負けは付かなかったものの、8奪三振の快投だった。中6日で臨んだ28日の中日戦では8回までゼロを並べ、完投こそ逃したが8回3分の2を投げ抜きプロ初勝利。マウンド度胸が良く、この2試合は新人らしからぬ堂々とした投球内容で、現時点で新人王の筆頭候補に挙げられる。

   森下に続くのがプロ2年目で新人王の資格を有する巨人・戸郷翔征投手(20)だ。昨シーズンは1軍で2試合に登板して1勝をマーク。今年はキャンプから先発ローテーション入りが期待されており、オープン戦、練習試合で結果を残し、高卒2年目にして開幕ローテーション入りを勝ち取った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中