2021年 4月 22日 (木)

宇都宮氏、淡々と受け止めた敗戦 「2位」確実で「最低限の責任は果たせた」「次につながる」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「2位」確実で「最低限の責任は果たせた」「市民運動や労働運動の次につながる選挙」

   今回の選挙戦では、宇都宮氏が5月25日にツイッターで出馬を表明したのに対して、れいわ新選組の山本太郎代表(45)が告示3日前の6月15日に出馬を表明。両者は福祉を重視するなど、政策面で近いと考えられており、いわゆる「リベラル票」を奪い合う可能性も指摘されてきた。こういった懸念について、「山本さんの判断で出馬したこと」で、「それは尊重すべき」だとした上で、

「堂々と論戦して都民の支持を得るために、有権者の支持を得るために選挙活動をするというのは、当たり前のことであって、それについてどうこう、ということはない」

   などと話した。

   報道各社の出口調査が出そろい、宇都宮氏の得票が小池氏に次いで多く、山本氏の得票に差を付けていることが確実になると、宇都宮氏は改めて会見。「個人の感想としては良かったなと思っている」と話し、

「最低限の責任は果たせた」
「市民運動や労働運動の次につながる選挙になった」

   などと前向きな言葉を繰り返した。宇都宮氏は悲壮な表情を見せることなく、終始淡々と記者の質問に答えた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中