2020年 9月 19日 (土)

新都知事に求めるのは「10万円、早く振り込みを...」 30人に聞いた「困りごと」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   小池百合子氏が圧勝で再選を決めた東京都知事選挙。J-CASTニュースが投開票当日の2020年7月5日、有権者に都知事へ訴えたいことについて尋ねたところ、特別定額給付金(1人10万円)に関する訴えが最も多かった。「いつに振り込まれるのか」「もっと給付額を増やして」。新型コロナウイルス禍で、家計が火の車に陥った都民の訴えは切実だ。

  • 東京都知事選の投票に向かう有権者ら(2020年7月5日午後、世田谷区の投票所近くで)
    東京都知事選の投票に向かう有権者ら(2020年7月5日午後、世田谷区の投票所近くで)
  • 東京23区の定額給付金の給付率
    東京23区の定額給付金の給付率
  • 東京都知事選の投票に向かう有権者ら(2020年7月5日午後、世田谷区の投票所近くで)
  • 東京23区の定額給付金の給付率

「家賃が払えない」 派遣切りに遭った女性、悲痛の訴え

   旅行代理店で派遣社員として働いていた佐藤尚美さん(34)に、世田谷区内の投票所から出てきたところを取材すると、こう訴えた。

「いったい、いつになったら(定額給付金は)振り込まれるのでしょうか。本当に困ってます。このままだと今月の家賃が払えないんです」

   旅行代理店では4年以上働いていたが、コロナ禍で4月末に雇用を打ち切られた。20万円以上あった月収はゼロに。次も旅行関係で働きたいが、就職のメドは立っていない。

   世田谷区では5月末から定額給付金の受け付けが始まった。佐藤さんはすぐ郵送で申請したが、7月に入っても振り込まれない。貯金も残り少なく、このままだと、7月分の家賃や光熱費などが払えなくなるという。

「新しい都知事には、とにかく早く入金されるよう、(区に)働きかけてもらいたい。生活がかかってるんです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中