2020年 12月 2日 (水)

厚労省「性同一性障害」ページに「病気」「女性・男性なのに」 ネット問題視で改修へ

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   厚生労働省が運営するウェブサイトの「性同一性障害」に関するページが2020年7月8日から閲覧できない状態になっている。厚労省の担当者は9日、J-CASTニュースの取材に「国民の皆様の指摘を受け、記載内容を改めることにした」と説明した。

   インターネット上では同ページについて7日ごろから、性同一性障害を「病気」とする表現などが問題視されていた。厚労省の上記ページの記載内容は2012年からのものだったという。

  • 厚生労働省の「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 総合サイト」内の「性同一性障害」のページより(7月9日現在、閲覧不可)
    厚生労働省の「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 総合サイト」内の「性同一性障害」のページより(7月9日現在、閲覧不可)
  • 7月9日現在の同ページ。「改修中」とのみ表示されている
    7月9日現在の同ページ。「改修中」とのみ表示されている
  • 厚生労働省の「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 総合サイト」内の「性同一性障害」のページより(7月9日現在、閲覧不可)
  • 7月9日現在の同ページ。「改修中」とのみ表示されている

「性同一性障害とはどのような病気であるのか」

   指摘があったページは厚労省の「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 総合サイト」。ここでは「性同一性障害」について「女性なのに、自分は『本当は男なんだ、男として生きるのがふさわしい』と考えたり、男性なのに『本当は女として生きるべきだ』と確信する現象を『性同一性障害(gender identity disorder, GID)』と呼びます」などと説明し、「性同一性障害とはどのような病気であるのか、その症状や治療法、法的側面等について解説します」としていた。

   ツイッターでは7日から8日にかけ、当事者を含む複数のユーザーから、「女性なのに」「男性なのに」といった表現や、性同一性障害を「病気」とした書き方に対して疑問の声が相次いでいた。

「なのには嫌だ。病気扱いも嫌だ。」
「『なのに』とか『治療』とか一番理解してないのは厚労省」
「病気扱いはさすがに...そういうとこ疎いよね日本は」

   その後8日夜までに、上記ページは「改修中」の文字のみが表示されるようになり、閲覧できなくなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中