2020年 12月 2日 (水)

広島、投壊3連敗に「暗黒時代」の声が 苦しい投手陣、チャンス生かせぬ打撃、武器の機動力も...

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   プロ野球の広島は2020年7月16日、マツダスタジアムで巨人と対戦し4-9で敗れた。

   先発・藪田和樹投手(27)が初回に大城卓三捕手(27)の2ランなどで3失点。打線は4回に堂林翔太内野手(28)の2ランで1点差に詰め寄るも、広島中継ぎ陣が崩壊して敗退した。巨人に3タテを喫するのは6年ぶりで、本拠地マツダスタジアムでの3タテは9年ぶり。チームは借金「4」で今シーズン初の最下位に転落した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

相次ぐ投手陣の登録抹消で火の車

   今シーズン初先発の藪田が初回につかまった。先頭・亀井善行外野手(37)にツーベースを許し1死後、岡本和真内野手(24)の3ゴロで1失点。続く大城には146キロのストレートをライトスタンド中段に運ばれた。この日は先発ローテーションの谷間で、中継ぎの薮田に先発のマウンドを託した。早めの継投で繋いでいく戦略だったが、期待の藪田が初回から3点を失う苦しいスタートとなった。

   先発の薮田が3回でマウンドを降りてから5人の投手で繋いだ。6回には高橋樹也投手(23)が吉川尚輝内野手(25)に2ランを浴び、7回にはヘロニモ・フランスア投手(26)が坂本勇人内野手(31)に四球を与えた後に岡本にレフトスタンド中段に運ばれた。さらに9回は塹江敦哉投手(23)が2四球(1申告敬遠)からピンチを招き2失点。課題の中継ぎ陣が機能せず試合を壊してしまった。

   この3連戦では、先発陣が踏ん張れず序盤に失点して敗戦となるパターンが続いた。14日の初戦は先発・九里亜蓮投手(28)が5回4失点。15日の第2戦はクリス・ジョンソン投手(35)が5回5失点で降板した。九里、ジョンソンともに四球から失点するケースが見られ、巨人との3連戦での失点は「28」。テイラー・スコット投手(28)、ジョンソン、森下暢仁投手(22)の相次ぐ登録抹消で、広島投手陣は火の車だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中