2020年 11月 29日 (日)

Go To「今でないと間に合わない」 京都の旅館社長、「炎上覚悟」のツイートに込めた危機感

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「もう今でないと間に合わない」「観光業にとってはようやく見えた光」。新型コロナウイルス感染症拡大で落ち込んだ観光需要を喚起する政府の「Go To トラベルキャンペーン」に反対論が吹き荒れる中、京都の旅館がツイッターに投稿した苦境を訴える内容に反響が広がっている。

   J-CASTニュースの取材に、「『Go To』に期待している観光業界の声がほとんど表に出ないまま、『旅行することは悪だ』という認識一色になりかねないことに危機感を覚えていました」と話すのは、この旅館の代表。「最悪、炎上も覚悟した」といい、実際に批判も寄せられたが、応援の声も多かった。旅館は今どんな状況に置かれているのか、反対意見をどう考えているのか、話を聞いた。

  • 京都の旅館ツイートが反響(写真はイメージ)
    京都の旅館ツイートが反響(写真はイメージ)
  • 京都の旅館ツイートが反響(写真はイメージ)

「現場としての意見を発信しないといけないと思った」

   「旅館こうろ」(京都市)が次のようにツイートしたのは2020年7月15日。政府がGo Toキャンペーンを22日に開始すると発表するも、東京都を中心に新規感染者数が大きく増加しているだけに、ツイッターでは14日、「#GoToキャンペーンを中止してください」がトレンド入りした。中止や延期すべきとの声がインターネット上で殺到していた最中のことだった。

「Go to キャンペーン、反対の方がたくさんいらっしゃるのは存じていますが、賛成の方もまたいらっしゃいます。事実予約は入って来ています。何故いまなのか?と言う疑問もあるかと思いますが、もう今でないと間に合わないと言う境遇もまたあるのです。観光業にとってはようやく見えた光です」

   投稿は1万4000件のリツイートと3万5000件のいいねがつく反響。「旅館側からwelcomeの意志表示していただけるのは大変助かります」「こういったツイートは本当に嬉しいです!」という励ましの声から、「旅館側が何と言おうと今じゃないと思います」「一時的に経済が回復しますが、結果的に蔓延が加速します」といった批判まで400件超のリプライが寄せられている。

   「旅館こうろ」を運営する北原(京都市)の北原達馬・代表取締役社長は16日、J-CASTニュースの取材に、投稿の意図を明かす。

「Go Toキャンペーンの実施が発表されてから、報道や、ツイッターをはじめとしたネット上の論調を見ていて、ここまで反対されるのかとショックを受けていました。この流れで、Go Toに期待している観光業界の声がほとんど表に出ないまま、『旅行することは悪だ』という認識が拡大しかねないことに危機感を覚えました。立場や考え方は1つではないと伝えたかった。現場としての意見を発信しないといけないと思ったのです」(北原社長、以下同)

   「Go To」賛成を書き込むことについて「ある程度反響はあるだろうし、最悪、炎上するだろうと覚悟もしていました」という。その中で好意的に受け止める声も寄せられたことは「本当に励みになりました。もし否定的な意見が大半を占めていれば、精神的なダメージは相当なものになったと思います。この仕事をすること自体に自信を失うことになったと思います」とも。それでも発信した「危機感」の背景には当然、旅館を取り巻く現状がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中