2020年 8月 9日 (日)

「置き配」で増える「オートロック無断突破」 アマゾン配達員が明かす現場の事情

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   宅配便や外食の出前を自宅玄関前などに置いてもらって受け取る「置き配」。配達員と対面しないため、新型コロナウイルスの感染防止策として利用が広がるが、オートロックのマンションに住む受取人の一部から「無断で自室の玄関前に置かれた」といった苦情が出ている。背景事情を、アマゾンジャパンの現役配達員がJ-CASTニュースに語った。

   東京都世田谷区のマンションに住む会社員の女性(42)は2020年7月上旬の週末、インターネット通販大手のアマゾンジャパンで購入した焼き菓子が届くのを心待ちにしていた。娘と「おやつ」に食べようと考えていたが、夕方になってもインターホンは鳴らない。

  • イメージ
    イメージ
  • 【表】「オートロック無断突破」による置き配、各社の見解は?
    【表】「オートロック無断突破」による置き配、各社の見解は?
  • イメージ
  • 【表】「オートロック無断突破」による置き配、各社の見解は?

いつの間にか玄関そばに荷物 「ついでに置いた、って...」

   「遅いな」。スマートフォンからメールをチェックすると、2時間前にこんなメールが届いていたことに気づいた。

「本日お届け済み ご注文商品を玄関にお届けしました」

   女性が部屋の玄関のドアを開けると、そばに荷物が置かれていた。でも、女性が住むマンションの出入口はオートロックだ。女性の部屋は5階にある。

   女性宅では今年5月中旬にも、同じような出来事があった。その時は配達員がマンションの近くにまだいたので理由を尋ねたところ、たまたま同じマンションの別フロアにある部屋に届けるものがあり、「ついでに置いた」と話したという。

「ついでに、というけど...。効率的なのはわかりますけど、勝手に玄関の近くまで入って来ていたなんて。インターホンを鳴らしてくれれば、入口まで取りに行きます。配達員の方には申し訳ないですが、あまりいい気分しないです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中