2020年 12月 1日 (火)

へずまりゅうの意外な過去 レスリングで国体出場、警察官志望...コロナに「いち早く」警鐘も?

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

    山口県の村岡嗣政知事が2020年7月17日、迷惑系YouTuber(ユーチューバー)として「へずまりゅう」の名前を挙げ、県内での新型コロナウイルスの感染拡大の要因として警鐘を鳴らすなどしたことから、その人物像に注目が集まっている。

   へずまりゅうといえば、有名人への「凸(突撃)」などの過激な振る舞いで知られる。一方で、本人のツイッターなどをたどると、意外ともいえる過去が見えてくる。

  • 山口県公式サイト内に設けられた、へずまりゅうについての情報をまとめたページ
    山口県公式サイト内に設けられた、へずまりゅうについての情報をまとめたページ
  • 山口県公式サイト内に設けられた、へずまりゅうについての情報をまとめたページ

合宿で吉田沙保里から「ポイント取れた」

「昔はレスリングに没頭していてオリンピックを目指しちょった! インターハイや国体にも出場した!」

   これは6月24日、へずまりゅうが自身のツイッターに投稿した発言の一部だ。

   窃盗容疑で逮捕された際に報道された本名で調べると、確かに2009年の国民体育大会(トキめき新潟国体)の出場選手として、同姓同名の人物の名前が。当時高校生であり、報道された年齢とも合致する。「少年フリースタイル個人対抗戦96kg級」に山口県(へずまりゅうは山口県出身を公言している)代表として臨んだものの、結果は初戦敗退だった(ちなみにこの際の対戦相手は、現在も第一線で活躍する有力選手)。

   別のツイートでは、この時期にあの元女子レスリングの吉田沙保里さんと合宿で対戦し、「1回だけポイント取れた」とも主張している。それ以降も、山口県内の大学レスリング部の選手として、大会記録などにその名前が確認できる。学生団体の役員も務めるなど、レスリング青年として活躍する姿がうかがえ、「オリンピックを目指しちょった!」というのも、あながち大言壮語とは言えないかもしれない。

   しかし本人の弁によれば、右肩のケガが原因となって引退に追い込まれることに。その後、就職先として警視庁も受験したというが、

「最終まで行ったことあるけど落ちて良かった!本当に落としてくれてありがとう!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中